出会い系の「キャッシュバッカ―」ってなんですか?

MENU

出会い系の「キャッシュバッカ―」ってなんですか?

出会い系の攻略サイトを見ていると「キャッシュバッカ―」という言葉を見ることがあると思います。

 

出会い系に詳しくない人からすると「キャッシュバッカ―」ってなに?と感じると思うので簡単に解説しておきます。

 

出会い系サイトでは、男女比の割合が良いところで「男:女=7:3」くらいだと思います。出会い系サイトに登録する人は男の方が多いわけですね。

 

で、女の子は出会い系サイトになかなか登録してくれなかったり、登録しても男とメールもせずに様子をみる、という人が多かったりします。

 

出会い系サイトの運営会社としては、女の子に積極的に男とメールしてもらわないと売り上げが立たないし、女の子とまったくメールできない状態が続くと男性会員の退会が続出して、サイトの運営ができません。

 

そこで、一昔前の出会い系サイトでは「サクラ」と呼ばれるアルバイトを雇って、女の子を装って男にメールを送っていたわけです。

 

この「サクラ」を使う出会い系サイトは、完全に詐欺ですし、サクラを使うことでのイメージ悪化を避けるために、現在の大手の出会い系サイトではサクラを使うことはなくなりました(悪質な出会い系サイトではまだ「サクラ」を使ってます)。

 

そんな中、一部の出会い系サイトの中で、サクラ以外の方法で女の子に積極的にメールを送ってもらう手段として採用されているのが「キャッシュバック制度」です。

 

「キャッシュバック制度」は、女の子が男にメールを送る度に20円とかキャッシュバックを受けることができるんですが、100通送れば2000円になるので、「一言だけ返信」を繰り返してメールを送りまくればそれなりに稼げます。

 

タチの悪い出会い系サイトだと、出会い系のキャッシュバック制度を「女の子向けの稼げる副業」として女性雑誌に広告を載せてたりします。

 

このキャッシュバック制度を利用して出会い目的ではなく副業目的で男にメールを送っている女の子のことを「キャッシュバッカ―」と呼んでいます。

 

男からすると、キャッシュバッカ―も「出会える可能性がほぼない」点でサクラとまったく一緒なので、迷惑な存在です。

 

出会い系サイトを選ぶ上では、サクラがいないことはもちろん、キャッシュバッカ―がいない点も考慮する必要があります。

 

「キャッシュバッカ―」がいない出会い系サイトランキングはこちら
キャッシュバッカ―がいないおすすめの出会い系サイトはどれ?