セフレの作り方の極意とは?女の子とセフレ関係になる方法

MENU

セフレの作り方の極意とは?女の子とセフレ関係になる方法

 

今回は、セフレの作り方講座の真骨頂です。

 

素人の女の子との出会い方からセックスに持って行き方、セフレにするまでを駆け足で解説します。

 

より具体的なテクニック・ノウハウは別の記事で紹介するとして、今回の記事ではセフレを作るまでの全体像を掴んで欲しいと思います。

 

 

 

セフレ探すなら、出会い系サイトのピュア掲示板を活用しよう」で書いたように、僕の「セフレの作り方講座」では、「出会い系サイトのピュア掲示板で素人の女の子を探し、セックス相手・セフレ相手を見つける」というのが基本方針になります。

 

 

さっそく具体的なテクニックについて書きたいのですが、その前に、

 

セフレの作り方に関する皆さんの誤解・勘違い

 

を解いておきたいと思います。

 

女の子に慣れてなかったり、セフレを作ったことのない人は、どうやって女の子とセフレ関係になるのか、見当もつかないと思います。

 

セフレを作ったことのない人にありがちな、セフレの作り方に関する誤解・勘違いがあるのです。

 

「セックスしようよ」「セフレにならない?」と誘うのはNG

 

ちょっと極端な例え話をしたいと思います。

 

そんな人はまさかいないとは思いますが、いきなり初対面の女の子に対して「セックスしようよ」「セフレにならない?」と誘うのは当たり前ですが、絶対ダメです。

 

女の子は親しくもない男と会っていきなりセックスするほど馬鹿じゃありません。

 

普通の女の子は「セックスしよう」「セフレにならない?」と言われたら、ドン引きします。最悪、怒ってその場で帰ってしまうかもしれません。

 

初対面の女の子に「セフレにならない?」と誘っては絶対ダメです。
セフレの作り方の極意とは?女の子とセフレ関係になる方法

 

当サイトを見てる人も「いきなりそんな事言うヤツいるわけないだろ」と思われたと思います。

 

 

 

でも、ネットの世界では女の子に対して「セックスしよう」「セフレになろう」といきなり言ってしまう男性がたくさんいるわけです。

 

 

 

例えば、出会い系サイトのアダルト掲示板に「今日ヤレる人募集」「セフレ募集」とか書き込んでしまう人もいるのです。

 

 

 

これがどれだけ愚かなことをしているか、分かりますか?

 

 

 

リアルの世界で「セックスしよう」「セフレにならない?」と女の子に言ってドン引きされるように、ネットの世界でも「今日ヤレる人募集」「セフレ募集」はドン引きされます。

 

 

 

そんな書き込みをして反応してくるのは、デリヘル業者かサクラ・冷やかしです。

 

たまに「素人ヤリマン」も反応してきますが、デリヘル業者・サクラとの見分け方が出会い系サイト初心者には難しいので、止めた方が良いです。

 

素人の女の子をセフレにする方法(セフレを作る5つの手順)

 

じゃあ、どうやってセフレを作れば良いのか?それをお話ししたいと思います。

 

繰り返しになりますが、「出会い系サイトのピュア掲示板で素人の女の子を狙う」のが当サイトの基本方針になります。

 

以下、素人の女の子をセフレにする方法を5つの段階に分けて説明します。

 

(1)出会い系サイトのピュア掲示板で女の子を探しメール開始

 

出会い系サイトのピュア掲示板に投稿するなり、女の子の投稿を見てメールするなりして、女の子とサイト内でやり取りを始めます。

 

相手はもちろん素人の女の子です。

 

普通の素人の女の子は出会い系サイトに対して警戒心を持っています。

 

「ネットでの出会いは危険」
「どうせ体目的の男ばっかりなんでしょ」
「犯罪に巻き込まれるかも」

 

新しい出会いに期待を持ちつつも、そういう不安を持って出会い系サイトにログインしています(その点は、皆さんも一緒ですね)。

 

繰り返しになりますが、そんな警戒心が強い女の子に間違っても「セックスしよう」「セフレにならない?」とメールするのは論外です。

 

即メールが返って来なくなります(笑)。

 

 

こういう警戒心が強い女の子に対しては、自分が怪しい男ではないと安心させる必要があります。

 

そのために、最初に送るメールでは

 

①簡単な自己紹介、
②自分が相手のどこに興味を持ったのか、
③仲良くなりたいからメールしませんか?

 

を丁寧に書くのです。

 

 

この3つのポイントを押さえたメールを10人くらいに送れば、1~3人くらいからは返信があります。

 

返信があった女の子と、趣味の話なり、お互いの共通点なりについてメールのやり取りをして仲良くなります。

 

(出会い系サイトでのより具体的なテクニック・ノウハウは、別の記事で詳しく書きたいと思います)。

 

(2)3~4回メールしたら、携帯・LINEでのやり取りに移行

 

3~4回メールのやり取りをして女の子と仲良くなってきたら、お金のかかる出会い系サイト上でのメールのやり取りではなく、携帯メールやLINEでメールしようと女の子に提案します。

 

そこで、携帯メール・LINEでメールを繰り返し、女の子との仲を深めます。ところどころ口説きつつ、女の子に好感を持って貰えるように頑張ります。

 

 

 

メールはもちろん毎日ですよ。

 

 

 

相手からメールが返ってきたら基本即レス、遅くともできれば1時間以内の返信を心がけます。

 

 

 

出会い系サイト初心者の人は1~2週間くらいメールのやり取りをしてから、女の子をデートに誘ってみましょう。

 

中級者の人は携帯・LINEでのメールを始めて3日~1週間程度でデートに誘うと良いでしょう。

 

ちなみに、上級者になると、知り合って即日~3日程度でデートに誘ってもOKを貰えます。

 

(3)初デートではランチで相手の情報収集、信頼関係構築

 

いよいよ相手の女の子との初デートです。

 

初デートの内容ですが、これは相手の性格や皆さんの恋愛経験によって色々なパターンが考えられます。

 

恋愛上級者であれば、「初デートで口説きまくる→相手次第で即日ベットイン」という荒技も可能なのですが、このページをご覧の方はまだセフレを作ったことがなかったり、恋愛もそれほど慣れてない人が多いのではないかと思いますので、初心者向けのデートプランを書いておきます。

 

 

 

初心者向けのデートとして一番無難なのは、ランチデートです。

 

 

 

ランチデートというと意外に思われるかもしれませんね。

 

 

 

「セフレを作りたいのに、何でランチなんだ!セックスしたいんだよ、こっちは!!」

 

 

 

そう思われたかもしれません。

 

でも、初心者がいきなりラブホに連れ込もうとしても、大抵の場合は拒否されてしまい、上手く行きません。

 

それに、1回目のデートで半ば強引にベットインしたとしても、1回限りの関係に終わってしまい、セフレの関係にまではなれません。

 

 

それよりも、初回のデートでしっかりと相手の女の子との信頼関係を築き、相手の女の子の好みなどを情報収集しておいた方が、2回目以降のデートでベットインできる確率が上がるセフレになったとしても息の長いセフレ関係になることができます。

 

だから、初デートでは2時間程度相手の女の子との会話を楽しみ、情報収集をして、しっかりと相手の女の子からの信頼と好感を得てください。

 

セフレの作り方の極意とは?女の子とセフレ関係になる方法

 

ランチデートで相手の女の子の情報収集をしつつ、好感と信頼を得る。

 

(4)2回目のデートで口説きまくり、相手次第ではベッドイン

 

さて、2回目のデートが1つの山場です。

 

 

 

2回目のデートは、恋愛に慣れてる人なら、相手次第で十分にベットインが狙えるタイミングだからです。

 

コツとしては、1回目のデートが終わった当日の夜からマメに相手の女の子にメールと電話をします。

 

楽しくやり取りしつつ、ところどころ口説いて相手の女の子の気分を盛り上げておきます。

 

 

 

そうして迎えた2回目のデート。

 

カラオケなり、映画に行くなり、なんでも良いですが、夜ごはんを食べに行きます。

 

 

 

その夜ごはんの時間が勝負です。

 

 

 

相手の女の子に気持ち良く話をしてもらいつつ、ガンガン相手の子を口説いてください。

 

 

 

相手を褒めて、おだてて、気分が高まるように仕向けてください。

 

良いムードになったらテーブルの上で「指キレイだねー!」と言いつつ、相手の子の手を触るのがオススメです。

 

手相占いができると、スムーズに相手の子の手を触りやすいので良いですね。

 

 

 

手を触られて嫌がる素振りがあるのか、明確に拒否するのか、相手の顔色を見て、その日ベットインが可能か判断するわけです。

 

 

 

そして、問題無さそうであれば、思い切って手を握ってみましょう。

 

 

 

黙って微笑んで来たり、「何するのよ(笑)」「何手握ってんのー(笑)」とか笑い返してきたら、脈アリです。

 

お会計を済ませたら手を繋いでホテルに行きましょう。

 

 

 

まだベットインは早いかな?と思ったのであれば、次の3回目のデートで勝負です。

 

セフレの作り方の極意とは?女の子とセフレ関係になる方法

 

手を握って相手が嫌がってるか、嫌じゃなさそうなのか確認する

 

(5)「口説き落としてH→うやむやな関係」がセフレの作り方

 

無事ベットインしてHを楽しんだ後は、別れた後の帰り道で相手の女の子に「今日はありがとう!楽しかったよ!また来週会おうね」などとフォローメールを送ってください。

 

 

 

何事も相手の気持ちを掴むには、アフターサービスが大切です。

 

 

 

セックスしたのに帰ってから何も連絡がないと女の子は不安になります。

 

帰ってから女の子に連絡するのも「セックスの一部」だと思って面倒くさくてもメールしてください。

 

 

 

でも、ここで一つ重要なポイントをお教えします。

 

 

 

セフレとして相手の女の子と関係を続けたいのなら、「私たち付き合ってるの?」とか「私たち、どういう関係なの?」と聞かれても、「付き合ってる」と答えてはいけません。

 

 

 

そこは、うやむやにごまかすことが大切です。

 

 

 

何となく、定期的に会ってセックスして帰る。「付き合ってるんだか付き合ってないんだかわからない、微妙な関係」
を作るのです。

 

 

 

「私たち、付き合ってるんでしょ?」と追及されて、時には「ごめん、そんなつもりじゃなかった」と否定する場面もあるでしょう。「遊ばれた!」と怒って音信不通になる子もいると思います。

 

 

 

でも、それまでのメールやデートで、相手の女の子の気持ちをしっかりと掴めていれば、女の子も「〇〇君と離れたくない」という意識が働き、このうやむやな関係を継続するようになります。

 

 

 

 

 

こうして晴れてセフレの出来上がりです。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

このページでは、まず一通り「セフレの作り方」の全体の流れを理解してもらうために、駆け足でしたが、素人の女の子との出会い方からセフレにするまでの手順を解説してきました。

 

 

 

次回以降、より実践的な出会い系サイト攻略のコツやノウハウ、女の子やセフレとの付き合い方などを書いていきたいと思います。

 

次回の記事はこちら
完全無料の出会い系サイトには入会しない方が良い理由

関連ページ

出会い系サイトといえど、そう簡単にはヤリマンと出会えない
基本的に、出会い系サイトを使ってもそう簡単にはヤリマンと出会えません。なぜなら、出会い系サイトにはデリヘル業者やサクラがいて、ヤリマンの女の子と区別がつかないし、実際のヤリマンは最初のうちは自分がヤリマンだと隠してたりするからです。
セフレ探すなら、出会い系サイトのピュア掲示板を活用しよう
完全無料の出会い系サイトには入会しない方が良い5つの理由
「ちゃんと出会える」出会い系サイトの選び方